NEWS

【台風情報】19号は温帯低気圧に 2人死亡、94人けが(UPDATE)

2014年10月11日 23時23分 JST | 更新 2014年10月13日 22時24分 JST
Buddhika Weerasinghe via Getty Images
HIMEJI, JAPAN - OCTOBER 13: Pedestrians walk in the wind and rain delivered by Typhoon Vongfong on October 13, 2014 in Himeji, Japan. According to the Japan Meteorological Agency (JMA), Vongfong surpassed Genevieve for the most intense western Pacific typhoon of 2014 by estimated central pressure of 970 hectopascals at its center and packing winds of up to 180 kilometers per hour. Local media reported at least 44 people were injured in typhoon-related accidents, while Japanese airlines cancelled at least 329 flights. JMA has issued the high aleart for heavy rainfall as well as strong winds and waves. Over 80 people deaths following three previous typhoons and torrential rain in Japan this year (Photo by Buddhika Weerasinghe/Getty Images)

台風19号は、10月14日午前9時、温帯低気圧に変わり、東北・三陸沖を北上している。低気圧周辺ではこのあとも強い風が吹く見込みで、東北では昼すぎにかけて、北海道ではこれから14日夜遅くにかけて、非常に強い風が吹くおそれがある

typhoon19

NHKニュースのまとめでは、鳥取と愛媛で男性2人が死亡したほか、静岡で男性1人が行方不明になっているという。また、沖縄県や大阪府のほか、兵庫県、福岡県など22の府と県で、あわせて94人がけがをした。

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています