NEWS

iPS細胞で肌若返り 67歳の肌が36歳時点の肌とほぼ同じ状態に

2014年10月15日 20時31分 JST | 更新 2014年10月15日 20時38分 JST

iPS細胞で肌若返り 67歳→36歳 コーセー発表

コーセーは15日、iPS細胞(人工多能性幹細胞)を使い、67歳の日本人男性の肌の細胞を、同じ人の36歳時点の肌とほぼ同じ状態に若返らせることに成功したと発表した。同じ人から1980年以降、定期的に提供を受けていた、36~67歳の五つの異なる年齢の肌の細胞を、京大のiPS細胞研究所でiPS細胞にした。同社が分析したところ、老化の指標となる染色体の状態は五つのすべての年代で回復し、67歳時点のものも36歳時点とほぼ同じ状態になった。

同社は今回の結果を使い、老化のメカニズムを解明していく。まだ基礎研究の段階だが、将来的には、一人ひとりの肌アレルギーに対応したオーダーメード化粧品の開発にもつながるという。

asahi shimbun logo
(朝日新聞社提供)