NEWS

香港デモ、行政長官が学生団体と対話へ【傘の革命】

2014年10月16日 20時15分 JST | 更新 2014年10月16日 20時23分 JST
Reuters

香港の梁振英・行政長官は16日、来週に当局と学生団体が対話することを望んでいると語った。民主派デモ隊との間で続く緊張状態を緩和したい考えだが、警察による暴力行為などを受け当局に対する反発は高まっている。

梁行政長官は、選挙制度の改革を一切拒否しているのにどのように対話を進めるのかとの記者の指摘に対し、「すべての欧米の民主主義国で市民による(候補者の)指名が認められているわけではない」と述べた。

林鄭月娥・政務官は今月、予定されていた民主派系学生団体の指導者との対話を、建設的な話し合いができないとの理由から取りやめていた。

警察は16日早朝、梁行政長官のオフィス近くで道路を封鎖していたデモ隊に対し唐辛子スプレーを使用。前日には警官がデモ参加者に暴行を加える様子が動画に撮影され、市民が強く反発している。[香港 16日 ロイター]