Huffpost Japan
吉野太一郎 Headshot

北朝鮮の豪華ホテル、泊まって驚いた5つのこと【UPDATE】

投稿日: 更新:
印刷

北朝鮮北東部の工業都市、咸興(ハムン)。松林が広がる海岸に、故・金正日総書記の肝いりで完成させたという超豪華リゾートホテルが建っている。


この麻田(マジョン)ホテルは、2009年7月27日にオープンした

このホテル、いろいろ驚くことが多い。

1.部屋に指導者の肖像画が掲げられている。


眠りにつくころ、視線が気になる。

2.室内のアイテムはシェラトンだ。


世界中でホテルチェーンを展開するシェラトンホテル&リゾートのリストに、麻田ホテルの名前はない。どういう関係なのかは定かでない。文末のUPDATE参照

ちなみに紅茶はリプトン、シャンプーやリンスはウーゴ・ヴァネリだ。

3.インターネットが通じる。

北朝鮮の地方都市では珍しいことに、外国人宿泊客はノートパソコンを持ってビジネスルームに行けば、インターネットを閲覧できる。午前9時から午後10時まで。有料。

4.施設が豪華だ。



ジャグジー、プールバー、ボーリング場。ホテルの周囲は何もないが、ナイトライフは充実している。

5.共用部分のトイレが和式だ。

ちなみに、部屋のトイレは洋式だ。

Close
北朝鮮・麻田ホテル
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

【UPDATE】2014/10/30 11:45AM

シェラトンホテルを展開するStarwood Hotels & Resortsに、このホテルとの関係をメールで質問したところ、担当者から「現時点で、咸興には系列のホテルはない」との回答を得た。

【関連記事】
ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています
ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

他のサイトの関連記事

ロシアと北朝鮮が「接近」その思惑は? バランス外交を展開するロシア

北朝鮮、拘束の米国人1人を解放

ロシア 北朝鮮鉄道網の近代化に協力へ

外務省局長ら27日平壌派遣、北朝鮮と拉致問題協議へ=官房長官

北朝鮮、丹東の経済博で中国資本13億ドル誘致

BRIEF-北朝鮮の特別調査委と日本側担当者、28日と29日に協議=菅官房長官