NEWS

エボラ出血熱、感染は「ずり落ちた眼鏡を上げた時」 回復の看護師が会見

2014年10月22日 20時56分 JST | 更新 2014年10月22日 20時56分 JST
朝日新聞社

エボラ感染「ずれた眼鏡を上げた時に」 回復の看護師

西アフリカのリベリアで患者の手当て中にエボラ出血熱に感染し、その後、現地で回復したギニア人の女性看護師が20日、滞在中のスペインで会見し、自ら感染した経緯や感染拡大の背景について語った。

スペインに本部を置くカトリック系団体のシスターでもある看護師パシエンシア・メルガルさん(47)は、リベリアの首都モンロビアの病院でエボラ患者の手当てに従事していた8月、自らも感染・発症した。

この病院では7月以降、エボラ患者が急増。メルガルさんは、高い気温の中で患者の手当て中、汗でずり落ちてきた眼鏡を押し上げようと、手袋をした手で顔に触れた。「あのとき目や鼻から感染したと思う。当時は看護師も患者に直接触れてはいけないという程度の知識しかなく、身を守ろうにも十分な装備がなかった」と振り返った。

asahi shimbun logo

(朝日新聞社提供) 

エボラ出血熱の症状

【関連記事】