NEWS

「事故が起きにくいのはレヴォーグ、スカイライン、レクサスLS」国交省が格付け

2014年10月23日 19時57分 JST | 更新 2014年10月23日 19時58分 JST
Keith Tsuji via Getty Images
TOKYO, JAPAN - NOVEMBER 20: Subaru Levorg sports touring wagon is displayed during the 43rd Tokyo Motor Show 2013 at Tokyo Big Sight on November 20, 2013 in Tokyo, Japan. The 43rd Tokyo Motor Show 2013 will be open to public from November 22nd to December 1st, 2013. (Photo by Keith Tsuji/Getty Images)

事故起きにくい車、国交省が格付け 満点は3車種:朝日新聞デジタル

「自動ブレーキ」など自動車事故を防ぐための技術について、国が初めて評価した結果が、23日に公表された。しくみや性能にばらつきがあるため、市販車を一定の基準で評価し、消費者が選ぶ参考にしてもらうためだ。満点は、レヴォーグ(富士重工業)、スカイライン(日産自動車)、レクサスLS(トヨタ自動車)の3車種だった。

国内の8メーカーが申請した26車種を、国土交通省が調べた。普及が進んでいる自動ブレーキと、走行中に車線をはみ出すと警報を鳴らす技術をテストし、点数を付けた。

自動ブレーキは、前方の障害物に向かって、時速10~60キロ(一部は50キロまで)で走行し、自動でブレーキが作動するかを試した。障害物が止まった状態、時速20キロで動いている状態の2通りで、それぞれ時速5キロごとに走行を繰り返し、総合的に評価したという。

subaru levorg

【クルマ関連の記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています