NEWS

紅葉、東日本各地で見頃 色づく木々に映える「赤い橋」 山梨・川俣渓谷【画像】

2014年10月27日 01時06分 JST | 更新 2014年10月27日 01時12分 JST
kosuke takahashi

「赤い橋」の名前で知られる、山梨県北杜市にある川俣川東沢渓谷地獄谷に架かる東沢大橋。八ヶ岳の紅葉と赤い橋げたが織りなす、美しい景色を見ようと、今年も大勢の観光客が訪れている。北杜市観光課によると、川俣川東沢渓谷では11月上旬まで紅葉が楽しめるという。

日本の各地では木々が色づき始め、10月最後の週末は、東北から東海地方を中心に紅葉が見頃を迎えている。ウェザーニューズが10月15日に発表した見頃予想によると、西日本の見頃はおおむね平年並みで、11月から本格的な紅葉シーズンに入る。京都・嵐山は11月23日頃から、広島・宮島は11月19日頃から見頃を迎える。

momiji

ウェザーニューズが発表した見頃予想より(10月15日発表)

icho

ウェザーニューズが発表した見頃予想より(10月15日発表)

各地で紅葉が色づき始め

【関連記事】

秋の京都 写真集