ニュース

【カナダ銃乱射】ハイウェイ・オブ・ヒーローズ。犠牲となった伍長の帰還をカナダ国民が見守った

2014年10月25日 16時31分 JST | 更新 2014年10月25日 17時04分 JST
CP

ハイウェイ・オブ・ヒーローズ。カナダ、オンタリオ州のハイウェイ401はそう名づけてられている。2002年、アフガニスタンで戦死し、英雄となった兵士の帰還を見守る人たちが自然発生的にこのハイウェイに集まった。以来、戦死した兵士の帰還を称え、追悼する道として、国の伝統となった

10月22日、カナダの首都オタワにある戦没者慰霊碑を護衛していたネイサン・シリーロ伍長が、銃乱射事件で犠牲となった。24日、ハミルトンにいる家族の元へ帰還するシリーロ伍長を追悼するため、カナダ中から風が吹きすさぶ「ハイウェイ・オブ・ヒーローズ」に人々が集まった。

nathan cirillo highway

(Credit: Patrick Doyle/CP)

警察はドライバーたちに路上で立ち止まらないようにと注意を呼びかけたが、シリーロ伍長の遺体を運ぶ霊柩車は、大勢のカナダ人と遭遇した。

ネイサン・シリーロ伍長の葬列です。運転者は右に寄って道を開けて下さい。止まったり外に出たりしないで下さい。よろしくお願いします。


消防士たちは巨大なクレーンを使ってカナダの国旗を掲げた。

救急隊員たちも追悼に参加した。

nathan cirillo firefighters

(Credit: Patrick Doyle/CP)

仲間の兵士たちも。

nathan cirillo soldier

(Credit: Patrick Doyle/CP)

彼の犠牲、そして彼の家族の犠牲を、

nathan cirillo photos

(Credit: Guillaume Hache)

決して忘れませんように。

cirillo mother 1

ネイサン・シリーロ氏がオタワで戦没者記念碑の警備に当たっている間に射殺されてから2日後、棺に続く母、キャシー・シリーロさん。 (Credit: Andrew Burton/Getty Images)

この記事はハフポストカナダ版に掲載されたものを翻訳しました。

【関連記事】

gengo logo

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています