NEWS

ジャック・ブルース氏死去 エリック・クラプトンとのバンド「クリーム」のベーシスト 享年71歳

2014年10月26日 23時14分 JST
Susie Macdonald via Getty Images
LONDON - 26th NOVEMBER: Jack Bruce performs live on stage with Cream during their farewell performance at the Royal Albert Hall in London on 26th November 1968. (Photo by Susie Macdonald/Redferns)

1960年代にエリック・クラプトンらと結成したロックバンド「クリーム」の元メンバーでベーシスト、ボーカリストのジャック・ブルース氏が10月25日、死去した。71歳だった。同日、ブルース氏の家族が彼のFacebookページで発表した。ハフポストUS版が報じた。

「誠に残念でなりませんが、私たちブルース家は、父であり、祖父であり、そしてあらゆる人にとってのレジェンドであった最愛のジャックが亡くなったことをお伝えします。音楽の世界は、彼がいなければこれほどの発展は見られなかったでしょう。しかし、ジャックは彼が作った音楽の中で生き続け、永遠に我々の心に留まるのです」と、ブルース家は記した。

jack bruce cream

ジャック・ブルース氏(2007年11月11日)

ジャック・ブルース氏の代理人もエンターテインメントサイト「TMZ」に対して、肝臓の疾患で死亡したことを認めた。

ジャック・ブルース氏は「クリーム」のベーシスト、として高い評価を受け、「サンシャイン・オブ・ユア・ラブ」や「ホワイト・ルーム」といった名曲のリードボーカルでもあった。ギターのエリック・クラプトン、ドラムのジンジャー・ベーカーらと共に、1993年にはロックの殿堂入りを果たしている。

■ エリック・クラプトン「とてつもなく大きなインスピレーションを与えてくれた」

エリック・クラプトンはFacebookページで「彼は偉大なミュージシャンであり、作曲家だった。そして私にとてつもなく大きなインスピレーションを与えてくれた」とのコメントを発表した

また、「for Jack」という曲をFacobookページで公開した。

ジンジャー・ベイカーもFacebookページで「素晴らしい男、ジャック・ブルースの訃報に接して深く哀悼の意を捧げます。家族のご心痛を心よりお察し申し上げます」とのコメントを発表した。

クリームの音楽は、3人の卓越した技術が即興的な演奏でぶつかり合う「インプロビゼーション」を特徴とする。クリームの活動期間は66年から68年と短命だったが、「ホワイト・ルーム」「クロスロード」などを収めたサードアルバム「クリームの素晴らしき世界」は、世界ではじめてレコード2枚組のプラチナディスクを獲得した。

この記事はハフポストUS版を翻訳したものです

クリーム 画像集

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています