NEWS

「世田谷ナンバーは不利益」住民が区長ら提訴【ご当地ナンバー】

2014年10月28日 20時15分 JST | 更新 2014年10月28日 20時16分 JST

「世田谷ナンバーは不利益」 住民が区長ら提訴

11月に導入される自動車の世田谷ナンバーについて反対する区民132人が28日、「プライバシーが侵害される」などとして、保坂展人区長と区に損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こした。「金銭が目的ではない」として、賠償額は原告1人につき1円。

代表して記者会見した田中優子区議は「ブランド力のある品川ナンバーを使えなくなる不利益や、住居地を特定されることでプライバシーや平穏な生活が侵害される」と主張。さらに区が導入を申請する際に実施したアンケートは「設問や配布先が偏っている」と批判した。

世田谷ナンバーは国土交通省が募集した「ご当地ナンバー」で、11月17日から導入することが決まっている。同日以降に新規登録される区内の自動車は世田谷ナンバーが義務づけられる。保坂区長は「訴状が届いていないため、内容を確認でき次第コメントしたい」としている。

asahi shimbun logo

(朝日新聞社提供) 

ご当地プレート 画像集

【関連記事】