NEWS

山口泰明議員(自民党選対幹部)がうちわ、爪切り、靴べらなどを配布か

2014年10月30日 21時07分 JST | 更新 2014年10月30日 21時10分 JST
朝日新聞社

うちわと記して配布か 自民選対幹部、爪切り・靴べらも

うちわにタオル、爪切りから靴べらまで――。30日の衆院予算委員会で野党議員が、自民党の選挙担当の幹部が、自分の選挙区内でさまざまな物品を配っていると主張した。選挙区内での「うちわ」の配布をめぐっては、公職選挙法違反の疑いを指摘された松島みどり氏が法相を辞任している。

指摘されたのは、自民党選挙対策委員会副委員長の山口泰明衆院議員。維新の党の木下智彦衆院議員が同日、悪質な事例として実物を示そうとしたが、「具体的な(議員の)名が書かれていれば、個人への誹謗(ひぼう)中傷になりかねない」(大島理森委員長)と認められず、物品が入った袋を示しながら質疑を行った。

木下氏は「選対の役職にある方がこういうことをしているのは、どういうことか」と主張した。

  • 朝日新聞社
    本人の写真、「山口たいめい」の名前とともに「涼風進呈 節電うちわ」、「311被災者支援プロジェクト」などと記されたうちわ。裏面には「ためらわず私財百億を寄付した経済人」「被曝(ひばく)は覚悟、航空自衛官の忠誠心」などと東日本大震災時のエピソードを引用し、「これが日本の底力」と記している
  • 朝日新聞社
    「山口泰明後援会」と書かれたタオル。山口氏の資金管理団体の政治資金収支報告書では、2011~12年に「タオル代」計約165万円が計上されている
  • 朝日新聞社
    「山口たいめい後援会」と書かれた爪切り
  • 朝日新聞社
    「山口泰明後援会」と書かれた靴べら

asahi shimbun logo

(朝日新聞社提供) 

【関連記事】