NEWS

人工尾びれのイルカ「フジ」が死亡 沖縄・海洋博公園

2014年11月02日 22時50分 JST | 更新 2014年11月02日 22時50分 JST

fuji

人工尾びれをつけてジャンプするフジ=2013年11月、沖縄県の海洋博公園

人工尾びれのイルカ「フジ」、死す 沖縄・海洋博公園

人工尾びれをつけた沖縄県本部町・海洋博公園のバンドウイルカ「フジ」が1日、死んだ。推定45歳のメス。海洋博公園は「フジが残してくれたものを、お世話になった人たちに伝えたい」として、フジのパネル展開催を予定している。

海洋博公園によると、10月8日ごろから食欲が低下して泳ぎが不安定になり、投薬などの治療を続けていた。死因は感染性の肝炎。45歳は高齢の部類に入るという。

フジは1976年から飼われ、95年までに3頭を出産したが、02年に病気で尾びれの約75%を切除した。その翌年、タイヤメーカーのブリヂストンと共同で人工尾びれの開発プロジェクトが始まり、改良を重ねてジャンプができるまでになった。

公園の担当者は「非常に残念だが、動物医療についての新たな知見など、非常にたくさんの成果を残してくれた」と話している。

asahi shimbun logo
(朝日新聞社提供) 

関連記事

グロ可愛い?深海生物の世界へようこそ