ニュース

錦織圭、世界ランク5位の快挙 ツアーファイナル「勝てない選手いない」その理由は?

2014年11月03日 18時47分 JST | 更新 2014年11月03日 18時56分 JST
MIGUEL MEDINA via Getty Images
Japan's Kei Nishikori serves the ball to Serbia's Novak Djokovic during the semi-finals of the ATP World Tour Masters 1000 indoor tennis tournament on November 1, 2014 at the Bercy Palais-Omnisport (POPB) in Paris. AFP PHOTO / MIGUEL MEDINA (Photo credit should read MIGUEL MEDINA/AFP/Getty Images)

11月3日、男子テニスの最新世界ランキングが発表され、錦織圭(日清食品)が7位から5位に上がり、アジア勢男子初の世界トップ5入りを果たした。

錦織は10月31日、パリで行われたマスターズ・パリ大会準々決勝で世界ランキング6位のダビド・フェレール(スペイン)を破り準決勝に進出。準決勝で世界1位のジョコビッチ(セルビア)に破れたが、虫垂炎手術のため最終戦欠場を表明したラファエル・ナダル(スペイン)を除く5位以内が確定し、年間成績の上位8人が戦うワールドツアー・ファイナル(最終戦)の出場権を獲得した。シングルスではアジア選手初の快挙となる。

ワールドツアーの出場選手は、世界トップの強豪ぞろいだが、錦織は「勝てない選手はいない」と自信を見せる。対戦相手に勝ち越している対戦成績を裏付けに「自分のプレーをすればチャンスはある」と抱負を語った。

根拠のない自信ではない。裏付けがある。出場する7人に対し、対戦成績は17勝14敗。勝ち越していることだ。勝ち星がないのはマリーだけで、ジョコビッチ、フェデラーの上位2人には五分。ベルディハ、ラオニッチ、チリッチらには圧倒的に勝ち越している。

以前、トップ10入りを前にして「数字だけで、対等に戦えなかったら意味がない」と口にした。つまり最低でも五分の勝敗を残す実力が、錦織の中ではトップ10を意味した。しかし、自己最高の5位まで上昇した今年、対戦成績は勝ち越している。

錦織ランク5位「勝てない選手いない」日刊スポーツより 2014/11/03 10:03)

今週1週間は休養に充てられる。11日9日から、錦織が2014年最後の大舞台に挑む。

錦織圭 マスターズ・パリ大会画像集

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています