NEWS

中韓FTAで「実質」合意 習近平氏と朴槿恵氏が北京で会談

2014年11月10日 00時16分 JST | 更新 2014年11月10日 00時16分 JST
Pool via Getty Images
BEIJING, CHINA - NOVEMBER 10: China's President Xi Jinping (R) shakes hands with South Korea's President Park Geun-hye in front of Chinese and South Korean national flags during a meeting at the Great Hall of the People, on the sidelines of the Asia Pacific Economic Cooperation (APEC) meetings, November 10, 2014 in Beijing, China. APEC Economic Leaders' Meetings and APEC summit is being held at Beijing's outskirt Yanqi Lake. (Photo by Kim Kyung-Hoon-Pool/Getty Images)

[ソウル 10日 ロイター] - 韓国青瓦台(大統領府)は10日、朴槿恵(パク・クネ)大統領が中国の習近平国家主席と北京で会談し、自由貿易協定(FTA)について「実質」合意に達したと明らかにした。

青瓦台の報道官は記者会見で、両首脳が10日中に合意文書を交わす予定と述べた。

韓国にとって中国は最大の貿易相手国で2013年の対中貿易額は2289億ドルで、総貿易額の21%を占めた。