NEWS

普天間基地はどこへ行くのか? 沖縄の難航を極めた18年を振り返る

2014年11月10日 19時35分 JST | 更新 2015年11月09日 16時12分 JST
KAZUHIRO NOGI via Getty Images
TO GO WITH Japan-US-diplomacy-military-demonstration by Harumi Ozawa This photo taken on November 7, 2009 shows a US military cargo plane taking off at the US Marine Corps Futenma Air Base in Ginowan, Okinawa Prefecture. Thousands were expected to rally on November 8, 2009 against the US military base on Japan's Okinawa island, raising the heat in a simmering row days before President Barack Obama visits Tokyo. AFP PHOTO / Kazuhiro NOGI (Photo credit should read KAZUHIRO NOGI/AFP/Getty Images)

沖縄県知事選が11月16日に投開票される。焦点は沖縄本島の中心部に位置するアメリカ軍普天間飛行場の移設問題だ。

移設合意から18年、手続きは難航を重ね、2014年8月に動き出したものの、県民の反発は収まっていない。

そもそも普天間飛行場の移設問題とは何なのか。18年の経緯を整理した。

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

関連記事

アメリカ海兵隊が見た沖縄