NEWS

錦織圭、準決勝に進む条件は? 次戦のラオニッチは"同世代のライバル"【ツアーファイナル】

2014年11月13日 18時08分 JST | 更新 2014年11月13日 23時00分 JST
Clive Brunskill via Getty Images
LONDON, ENGLAND - NOVEMBER 11: Kei Nishikori of Japan plays a shot in the round robin singles match against Roger Federer of Switzerland on day three of the Barclays ATP World Tour Finals at the O2 Arena on November 11, 2014 in London, England. (Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

ロンドンで開催中の男子テニスの年間成績上位8人で争う今季最終戦、ATPワールドツアー・ファイナル。13日午後11時(日本時間)、世界ランキング5位の錦織圭(日清食品)は、準決勝進出をかけて、シングルスの1次リーグB組最終戦で、同8位のミロシュ・ラオニッチ(カナダ)と対戦する

1次リーグは4人ずつ2組に分かれて総当たりで行い、各組上位2人が準決勝に進出する。B組は、ロジャー・フェデラー(スイス)は2連勝。錦織は11日にフェデラーに敗れて通算1勝1敗。もう1試合はアンディ・マリー(英)がラオニッチを破って1勝1敗となり、ラオニッチは2連敗。最終戦の結果次第で、まだ4人に可能性がある。

錦織は、ラオニッチに勝った場合、負けた場合も、準決勝進出の可能性がある。進出条件は、以下の通り。

【ラオニッチに勝った場合】
フェデラーがマリーに勝てば2位で通過。

フェデラーがマリーに敗れるとフェデラー、錦織、マリーが2勝1敗で並び①セット率②ゲーム率③最新世界ランキングの順で上位2人が通過。

【ラオニッチに敗れた場合】
マリーがフェデラーに勝つと両者が2勝1敗で通過し、錦織は敗退。

フェデラーがマリーに勝てばフェデラーが1位通過。錦織、マリー、ラオニッチが1勝2敗で並び、前述の①~③の条件で最上位者が2位通過する。

命運握るラオニッチ戦へ 錦織圭、4強に残る条件は:朝日新聞デジタルより 2014/11/13 11:06)

錦織が対戦するラオニッチは、どんな選手か。過去の対戦成績は、錦織の4勝1敗。最近は全米オープンと楽天オープン決勝で対戦し連勝中だが、同世代のライバルとして負けられない相手でもある。

ラオニッチは、196センチ・98キロの23歳。錦織は「いつもタフな相手。リターンがキーになる」と語る。ラオニッチの時速230キロの高速サーブと、錦織の得意なリターンが試合の見どころとなりそうだ。

今年のウィンブルドン。ラオニッチは4回戦で錦織を破り、その勢いで自身初の4大大会4強入りを果たした。錦織は、9月の全米4回戦でリベンジ。8強入りした時、「まだまだ満足できない。ラオニッチらはベスト4に進んでいるし」と、ライバル心をあらわにした。(中略)

ラオニッチが放つ、今季世界で2番目に多い1100本を超えるサービスエースが最大の壁だ。「あれだけ打たれると嫌気が差してくる」。しかし、時速約230キロの爆弾サーブを得意のリターンで返球するのが、錦織の真骨頂。正反対のスタイルだからこそ、ライバルとして面白い。



錦織今夜23時ラオニッチ戦「リターン鍵」日刊スポーツより 2014/11/13 09:27)

錦織圭 ATPワールドツアー・ファイナル画像集

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています