NEWS

高梨沙羅、ギネス世界記録に認定「新しいモチベーションになる」

2014年11月17日 16時59分 JST | 更新 2014年11月17日 17時17分 JST

takanashi

ギネス認定証を手に写真撮影に応じる高梨沙羅(クラレ)=11月17日、東京・羽田空港 時事通信社

ノルディックスキー・ジャンプ女子の高梨沙羅(クラレ)が、2013-2014シーズンまでに挙げたワールドカップ(W杯)通算24勝とワールドカップ総合優勝2回の2つが、女子の最多記録としてギネス認定された。11月17日、毎日新聞などが報じた。

認定証を受け取った高梨は、「新しいモチベーションになる」「3連覇を目指したい」などと抱負を語ったという。

高梨選手は「栄誉ある賞をいただいたことは競技に向かう新しいモチベーションになる。

今シーズンはワールドカップ3連覇を目指したい」と喜びを語りました。

また、開幕が迫った今シーズンのワールドカップに向けて、高梨選手は「夏場のトレーニングで土台を作ることができた。4年後のオリンピックに向けて成長した姿を見せられるよう、技術面と精神面をさらに磨いていきたい」と抱負を話しました。

ジャンプ高梨 ギネス世界記録に認定 NHKニュースより 2014/11/17 12:48)

高梨は、2012年3月のW杯ジャンプ女子蔵王大会で、男子を含めてW杯ジャンプで史上最年少となる15歳4カ月での優勝。2012〜13年シーズンで史上最年少での総合優勝を達成した

2013〜2014シーズンは、ソチオリンピックで4位にとどまったが、ワールドカップでは18戦15勝。通算の優勝回数を24に伸ばし、総合2連覇を果たした

【関連記事】

ジャンプ女子

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています