NEWS

群馬大、パワハラで教授を懲戒解雇 女性研究者に退職強要

2014年11月20日 20時25分 JST

群馬大、パワハラで教授を懲戒解雇 退職や休日出勤強要

群馬大学は20日、研究室の部下にパワハラを繰り返したとして、大学院医学系研究科の40代の男性教授を懲戒解雇したと発表した。当初は退職手当が出る諭旨解雇だったが、退職願の提出に応じなかったという。

大学によると、教授は2012年1月~13年8月、研究室の助教と講師の男女計5人に、退職や休日出勤を強要。「結婚△出産×」などの発言で結婚や出産をする女性研究者を非難し、「ポストを空けるため(他大学などに)応募しろ」などと言い、3人が精神的な病気で休み、2人が退職した。教授は大学に発言を認めたが、一部は「指導の範囲」と話しているという。

大学側は13年4月に調査委員会を設け、その後、被害者との接触を禁ずる業務命令などを出していた。

asahi shimbun logo

(朝日新聞社提供) 

【関連記事】