NEWS

ジュール・ビアンキ、フランスの病院に転院 昏睡状態を脱する

2014年11月20日 15時10分 JST | 更新 2014年11月20日 15時11分 JST
isifa via Getty Images
SUZUKA, JAPAN - OCTOBER 05: Jules Bianchi of France and Marussia arrives for the drivers' parade prior to the Japanese Formula One Grand Prix at Suzuka Circuit on October 5, 2014 in Suzuka, Japan. (Photo by Jiri Krenek/isifa/Getty Images)

10月5日のF1日本GP決勝でクラッシュし、意識不明の重体となったジュール・ビアンキ選手が人工的な昏睡状態を脱し、入院先の三重県立総合医療センターからフランスの病院に転院したことが明らかになった。

ジュール選手の家族が11月18日、ファンクラブのFacebookで「ジュールは、今はもう事故直後に置かれた人工的な昏睡状態ではありません。ただ、彼の意識は未だに戻っていません」という声明を出した。

依然として危篤状態ではあるものの自発呼吸し、血圧や心拍なども安定しているという。

F1のビアンキ選手が重体

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています