NEWS

高倉健さんが歌う「網走番外地」 かつての放送禁止歌のCD化検討

2014年11月22日 01時22分 JST | 更新 2014年11月22日 01時23分 JST
Robert Alexander via Getty Images
TOKYO, JAPAN - SEPTEMBER, 1971: A poster promotes a recently-released movie in Tokyo, Japan. The movie stars popular Japanese actor Ken Takakura (center). (Photo by Robert Alexander/Archive Photos/Getty Images) 5104602RA_Japan63.jpg

11月10日に悪性リンパ腫で死去した俳優の高倉健さん(享年83)が歌い、1965年に発売されたシングル曲「網走番外地」について、発売元のテイチクエンタテイメントがCD化を検討しているという。スポニチなどが報じた。

出世作となった映画「網走番外地」シリーズの主題歌で、累計200万枚超をセールス。網走刑務所の受刑者の間で歌い継がれていた曲を原曲としている。詞の一部が反社会的で「刑務所を美化している」として、日本民間放送連盟が長く、放送禁止歌に指定していた。

放送禁止歌 健さん「網走番外地」問い合わせ相次ぎCD化検討 ― スポニチ 2014/11/22 05:52)

日本民間放送連盟による規定は、1980年代末にすでに廃止されている。高倉さんの訃報を受け、ファンからはCD化の要望が多数寄せられ、それに応える形になったという。高倉さんが出演した映画「網走番外地」シリーズ10作と「昭和残侠伝」シリーズ9作品は、2015年3月以降に、東映ビデオからブルーレイBOXとして発売されることも決まっている。

また、オリコンのDVDとブルーレイのデイリーランキングでは高倉さんの出演作品が急上昇しており、19日付けのランキングでは計16作品がトップ100入りするなど、今改めて高倉さんの作品が見直されている。

高倉健・画像集

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています