NEWS

小泉進次郎氏、衆議院解散でも万歳しなかった「なぜ今、解散か」

2014年11月22日 17時24分 JST | 更新 2015年02月21日 23時11分 JST
時事通信社

11月21日、衆院が解散され、恒例となっている議員の万歳三唱が行われた。

しかし、万歳三唱を行わなかった議員もいた。自民党の小泉進次郎復興政務官もその一人だ。小泉政務官は万歳をしなかった理由として、「多くの国民は解散を『今じゃない』と冷めている」と述べ、国民が解散の大義を感じていないことを指摘した。スポニチなどが報じた。

小泉進次郎復興政務官は、「私は万歳できなかった。万歳することで、余計、国民との心の距離を生むのではないか。国民には、なぜ解散なのか分からない」と述べ、解散に踏み切った首相の判断に疑問を呈した。
 
進次郎氏、バンザイ疑問「できなかった」 日刊スポーツより 2014/11/22 09:11)

TBSによると、小泉政務官は今回の選挙について「声を大にして言いたいのは被災地の復興。なぜ今、解散なのかと思っている人がいるなら、被災地の人はもっと思っているだろう」と語ったという。

解散の後、小泉政務官は外した議員バッジの写真をFacebookに投稿。「有権者の皆さんの負託を受ける責任の重さを実感している」と綴った。

【関連記事】

小泉進次郎氏 画像集

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています