NEWS

高倉健さんの追悼上映会、12月6日から開催 「網走番外地」「鉄道員(ぽっぽや)」など【画像】

2014年11月23日 22時13分 JST | 更新 2014年11月23日 22時13分 JST
東映

11月10日に悪性リンパ腫で死去した高倉健さんの追悼上映会が、12月6日から東京・銀座の「丸の内TOEI」で開かれる。

12月6〜12日が「網走番外地」、13〜19日が「新網走番外地 嵐呼ぶダンプ仁義」、20〜26日が「昭和残侠伝 唐獅子牡丹」、27〜1月2日が「冬の華」、1月3〜9日が「動乱」、1月10日〜下旬が「鉄道員(ぽっぽや)」となっている。

連日午前10時半より上映開始(12月6日のみ午前11時から)。窓口料金は1000円均一。東映によると12月以降、大阪府の梅田ブルク7、T・ジョイ京都、T・ジョイ博多でも追悼上映会の実施を予定しているという。

高倉健さんの出演映画

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています