NEWS

自民党「選挙報道は公平に」テレビ局に要望 『朝まで生テレビ』にも影響?

2014年11月27日 22時46分 JST | 更新 2014年11月27日 22時46分 JST
ASSOCIATED PRESS
Japan's Prime Minister Shinzo Abe speaks during a press conference at his official residence in Tokyo, Tuesday, Nov. 18, 2014. Abe called a snap election for December and put off a sales tax hike planned for next year until 2017, vowing to step down if his strategy falls flat. (AP Photo/Shizuo Kambayashi)

政府与党の自民党が、民放テレビ局に対して、報道に公平性を確保するため、出演者や番組内容、発言時間、回数などに配慮するよう求める文書を送っていたことがわかった。

要望書は、解散前日の20日付。萩生田光一・自民党筆頭副幹事長、福井照・報道局長の両衆院議員の連名。それによると、出演者の発言回数や時間▽ゲスト出演者の選定▽テーマ選び▽街頭インタビューや資料映像の使い方−−の4項目について「公平中立、公正」を要望する内容になっている。



衆院選:自民 テレビ局の選挙報道で細かく公平性要請 - 毎日新聞 2014/11/28)

政治についての報道をめぐっては、18日放送のTBS「NEWS23」で、アベノミクスを批判する街頭インタビュー映像のあと、出演していた安倍首相が「おかしいじゃないですか!」と声を荒げるシーンもあった。

また、衆院選をテーマにした、28日深夜に放送予定のテレビ朝日系討論番組『朝まで生テレビ』において、パネリストの変更があったという。評論家の荻上チキ氏が、出演を依頼されていたがキャンセルになったとTwitterに投稿。政治家のみが出演することになったという。現在、番組のウェブページにはパネリストについて「まもなく公開」と書かれている

【報道の自由関連の記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています