NEWS

『スター・ウォーズ』最新作、待望の特報公開 ファンから「最高にクール」の声【動画】

2014年12月01日 02時14分 JST | 更新 2014年12月01日 02時14分 JST

映画「スター・ウォーズ」最新作『STAR WARS:THE FORCE AWAKENS(原題)』の特報映像が11月29日、初公開された。オリコンなどが報じた。

最新作の舞台は、第3作「エピソード6 ジェダイの帰還」(1983年)の30年後。映像は「ついに目覚めようとしている 感じないか?」という意味深な言葉からスタート。

新キャストのジョン・ボイエガや、ニューヒロインの1人と噂されるイギリス出身の若手女優デイジー・リドリーが登場する。“R2-D2”によく似たロボットが一生懸命砂漠を走っている姿が映し出されるなど、1分26秒の映像にはシリーズの象徴が詰まっている。

最新作の監督は、2009年の映画版『スタートレック』などを手がけたJ.J.エイブラムス。旧作でハン・ソロ役を演じたハリソン・フォード、ルーク・スカイウォーカー役のマーク・ハミル、レイア姫役のキャリー・フィッシャーが同じ役柄で出演するのも話題となっている。また、アカデミー賞受賞女優のルピタ・ニョンゴなど数名が新たに加わっている

日本では、2015年12月18日に公開される。

■Twitterの声

Photos From The Star Wars Set

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています