NEWS

エアロスミスのスティーブン・タイラー、ウクレレをバックに「ドリーム・オン」を絶叫する(動画)

2014年12月01日 17時37分 JST | 更新 2014年12月01日 17時37分 JST

エアロスミスのフロントマンにして、現在はハワイ・マウイ島の住民であるスティーブン・タイラーは、これまでもアメリカのテレビ局「NBC」キャスターのマット・ラウアー、女性ロックシンガーのジョーン・ジェット、女優ジェニファー・アニストンらに「ハッピーバースデー」の歌を贈ったことがある。2014年の初めには、ラジオパーソナリティのハワード・スターンが60歳の誕生日を迎えた時にも演奏した。

10月、66歳になったスティーブン・タイラーは本当に誕生日好きなんだと改めて思い知らされた。マウイ島で行われた、ミュージシャンウィリー・Kの54歳の誕生日パーティでも何曲か演奏したからだ。

タイラーはマウイ島のワイレア・ビーチ・マリオット&スパにあるミグラント・レストランに観客の中からサプライズで登場し、壇上に上がり、こう言った。「おい、ちょっと詰めてくれないか。これはソロライブってわけじゃないだろ」。

上の動画では、レイと眼鏡をかけたタイラーはエアロスミスの1973年のヒット曲「ドリーム・オン」のハワイアンバージョンをウィリー・Kと一緒に演奏した。影響力のあるハワイアンミュージシャンであるウィリー・Kは曲の最後までウクレレ技術の限界まで引き出して演奏しきった。

フル動画はこちら。ウィリー・Kのウクレレ演奏と、潮風になびくタイラーのグレーの長髪を見逃してはならない。

Fantasy Retirements

エアロスミス画像集

この記事はハフポストUS版に掲載されたものを翻訳しました。

【関連記事】

gengo logo

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています