Huffpost Japan

「キーパーの頭でゴール」Jリーグ21年史上初の珍事で山形、J1昇格に王手(動画)

投稿日: 更新:
印刷

11月30日、サッカーJ2で昇格を争う、プレーオフ第1戦、ジュビロ磐田対モンテディオ山形戦で、試合終了直前にゴールキーパーが頭でゴールを決める「珍事」が起こった。このゴールにより山形が2−1で磐田を下し、J1昇格へ王手をかけた。

J2はレギュラーシーズンで2位以内に入ると自動的にJ1に昇格。残りの1枠を、3位から6位の4チームでプレーオフを戦って決める。シーズン4位の磐田と6位の山形の試合は、「負けたら終わり」の重要な一戦だった。

前半に山形が先制して優位に進めるも、磐田が追いつく。規定により、引き分けで終わった場合はシーズン上位のチームが勝ち上がることになるため、そのまま終われば山形は敗退の危機だった。

奇跡が起きたのは後半追加タイム。コーナーキックを取った山形は、点を取らないと後がない。ゴールキーパーの山岸範宏も相手ゴール前に挙げてゴールを狙う。そしてその瞬間が訪れた。コーナーキックを頭でとらえたのはなんとGKの山岸。山形のサポーターが、スローモーションでその瞬間を捉えている。

この一発で、山形は磐田を下し、J1昇格へと一歩近づいた。Jリーグ公式戦でゴールキーパーがゴールを決めた例はこれまで6例あるが、いずれも自陣からのキックが入ったケースがほとんど。ヘディングで決めたのは初めてだという。

J1昇格の最後の枠を争う、昇格プレーオフ決勝は、12月7日、ジェフ千葉と山形で争われる。

Close
J1昇格プレーオフ ジュビロ磐田 vs モンテディオ山形戦
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

※初出時、「Jリーグ25年」とタイトルに表記しておりましたが、21年の誤りです。お詫びして訂正します。(11:51)

【サッカー関連の記事】
ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています
ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています