Huffpost Japan

菅原文太さん死去、81歳 映画「仁義なき戦い」【妻文子さんのコメント全文】

投稿日: 更新:
BUNTA SUGAWARA
菅原文太さん | 時事通信社
印刷

映画「仁義なき戦い」「トラック野郎」シリーズなどの作品で知られ、昭和の映画界の最盛期を支えた日本を代表する俳優の菅原文太(すがわら・ぶんた)さんが11月28日、転移性肝がんによる肝不全のため東京都内の病院で死去した。81歳だった。仙台市出身。東映が12月1日、発表した。

日刊スポーツは次の通り報じた。

菅原さんはファッションモデルを経て、58年に映画俳優として本格デビュー。渋い語り口と温かみある演技で愛され、任きょう映画などでいぶし銀の存在感を発揮した。12年11月に俳優業引退を宣言。山梨県で農業を営んでいた。

菅原さんは高校まで仙台で過ごし、上京。早大を中退した後は、180センチの長身を生かしてファッションモデルをしていた。58年に新東宝にスカウトされて映画俳優としてデビューした。吉田輝雄、高宮敬二、寺島達夫ら二枚目俳優たちと「ハンサムタワーズ」と呼ばれ、親しまれた。

「仁義なき戦い」菅原文太さん死去 81歳 - 芸能ニュース : nikkansports.com 2014/12/01 14:15)

コトバンクによると、菅原さんは1961年に松竹、1967年に東映に移籍。1973年、「仁義なき戦い」に出演、その後1976年まで同シリーズ全8作に出演し、日本映画史に残る興行収入をあげた。1975~79年の「トラック野郎」シリーズも大ヒットし、日本を代表する俳優の1人となった。

同じく任侠映画の人気スターだった高倉健さんは11月10日、悪性リンパ腫のため83歳で死去した

菅原さんは1980年にはNHK大河ドラマ「獅子の時代」に主演するなど、数多くのテレビドラマでも活躍した。1998年には岐阜・飛騨地方に移住。農業政策などに関心を示し、講演活動も行った。アニメでも「千と千尋の神隠し」、「ゲド戦記」などで声優を務めていた

2007年には膀胱がんを患うなど、体調を崩していた。東日本大震災のあとは、原発事故など、日本が置かれた現状に心を痛め、脱原発を呼びかける活動や、憲法解釈の変更による集団的自衛権の行使容認に反対する集会に参加するなど、社会的な活動にも力を入れていた

■妻文子さんのコメント【全文】

東映は1日、妻、菅原文子(すがわら・ふみこ)さんのコメントを発表した。

七年前に膀胱がんを発症して以来、以前の人生とは違う学びの時間を持ち「朝に道を開かば、夕に死すとも可なり」の心境で日々を過ごしてきたと察しております。

「落花は枝に還らず」と申しますが、小さな種を蒔いて去りました。一つは、先進諸国に比べて格段に生産量の少ない無農薬有機農業を広めること。もう一粒の種は、日本が再び戦争をしないという願いが立ち枯れ、荒野に戻ってしまわないよう、共に声を上げることでした。すでに祖霊の一人となった今も、生者とともにあって、これらを願い続けているだろうと思います。

恩義ある方々に、何の別れも告げずに旅立ちましたことを、ここにお詫び申し上げます。

【関連記事】
ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています
ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

Also on HuffPost:

Close
菅原文太 【画像集】
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

訂正箇所を連絡

他のサイトの関連記事

菅原文太 - 映画.com

菅原文太さん死去 81歳、肝がん

菅原文太さん81歳で死去 妻・文子さんコメント発表