NEWS

約50年ぶりの解散総選挙へ【スウェーデン議会】

2014年12月04日 00時58分 JST | 更新 2014年12月04日 00時58分 JST
PONTUS LUNDAHL via Getty Images
Sweden's Prime Minister Stefan Lofven (Social Democrats) talks at a press conference at the chancellery in Stockholm, Sweden, on December 2, 2014. Lofven appealed to the center and and right wing parties to agree with the government on a new budget, since the extreme right wing party Sweden Democrats says it will support a financial package being put forward by the country's centre-right parties instead of the budget proposed by Lofven's coalition government. AFP PHOTO / TT NEWS AGENCY / PONTUS LUNDAHL / SWEDEN OUT (Photo credit should read PONTUS LUNDAHL/AFP/Getty Images)

[ストックホルム 3日 ロイター] - スウェーデンのロベーン首相は3日、政府提出の予算案が議会で否決されたことを受け、議会を解散して来年3月に総選挙を実施すると表明した。解散・総選挙は約50年ぶりとなる。

9月の総選挙を受けて成立した中道左派のロベーン政権は少数政権で、同選挙で躍進した極右のスウェーデン民主党が政府予算案に反対した。

ロベーン首相は「新たな政治情勢に直面する中、(解散・総選挙により)有権者に選択を委ねる」と述べた。

一方、スウェーデン民主党は、解散・総選挙を移民増加の賛否を問う国民投票と位置付ける方針だ。

市場はこうした政局を冷静に受け止めている。

この日のスウェーデンクローナは上昇。ストックホルム全株指数<.OMXSPI>は約1%高で引けた。