NEWS

原油急落、ガソリン値下がりで家計に恩恵 その背景は?

2014年12月11日 21時33分 JST | 更新 2014年12月11日 21時53分 JST
Bloomberg via Getty Images
An employee walks behind a car being filled with gasoline at a gas station in Tokyo, Japan, on Thursday, Feb. 24, 2011. Oil advanced for a sixth day in New York after reaching $100 a barrel as Libya's uprising reduced shipments from Africa's third-biggest producer. The yen and Swiss franc strengthened, while Asian stocks fluctuated. Photographer: Tomohiro Ohsumi/Bloomberg via Getty Images

原油急落、家計に恩恵 ガソリン値下がり、電気料金も?

10日のニューヨーク商業取引所で、国際的な原油価格の指標となる「米国産WTI原油」の先物価格が、前日比2・88ドル安い1バレル=60・94ドルと、約5年5カ月ぶりの安値をつけた。最近の価格急落で国内では、ガソリンや灯油が安くなった。円安などによる物価高で苦しい家計に、恩恵が広がりつつある。

11日夕、東京都板橋区のガソリンスタンドでは、久しぶりに1リットル140円台のレギュラーガソリン価格表示が点滅した。帰宅途中に給油に立ち寄った同区の会社員、島田一男さん(56)は「スーパーに行くと商品が上がっている。ガソリンだけでも安くなってもらわないと」と喜ぶ。

日本エネルギー経済研究所によると、ガソリンは21週連続で値下がり中だ。今週(8日時点)のレギュラー1リットルあたりの全国平均価格は155・3円で、1年5カ月ぶりの安値。灯油も1リットル100・0円で、16週連続の値下がりが続く。

背景には、米国のシェールオイルの生産拡大などによる原油安がある。中東などの産油国でつくる石油輸出国機構(OPEC)が11月に減産見送りを決めてから、一段と拍車がかかった。石油天然ガス・金属鉱物資源機構の野神隆之・上席エコノミストは「ガソリンや石油製品などは、今後も値下がりが予想される。ただ、円安が進めば恩恵も薄れる」と話す。

oil

原油下落のメリットとデメリット(c)朝日新聞社

asahi shimbun logo

(朝日新聞社提供)