ライフスタイル

葛飾北斎の傑作「富嶽三十六景」は、実は36枚ではない【画像】

2014年12月11日 17時29分 JST | 更新 2015年10月31日 00時20分 JST

江戸時代の浮世絵師、葛飾北斎。ひたすら絵を書き続け、89年生きた北斎が残した浮世絵は、のちにモネ、ゴッホなどヨーロッパの印象派の画家にも影響を与えている。さまざまな場所、構図で富士山を描いたシリーズ「富嶽三十六景」は人気が高く、中でも「神奈川沖浪裏」は欧米で「The Wave」と呼ばれ親しまれている。だがこのシリーズ、実は36枚では終わらない。人気だったため、追加で10枚が描かれたのだ。その10枚も含めた、全作品がこれだ。

葛飾北斎「冨嶽三十六景」

【葛飾北斎関連の記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています