NEWS

「ペヤング」虫混入で生産中止、全商品を販売休止に まるか食品

2014年12月11日 15時01分 JST | 更新 2014年12月11日 15時01分 JST
時事通信社

即席カップ麺「ペヤング」に虫が混入していた商品が1点見つかったと指摘を受け、関連商品約5万個を自主回収していた製造元の「まるか食品」(本社・群馬県伊勢崎市)は12月11日、当面の間、全2工場での生産を自粛し、「ペヤングソースやきそば」など全商品の販売を休止すると決めた。

同社が「ペヤング」の公式サイトで調査の結果を公表した。外部に委託した調査機関の報告をもとに検証した結果、製造過程で混入した疑いを否定できなかったとした。

maruka

12月2日、Twitterのユーザーが「ペヤングからゴキブリ出てきた」と写真付きで投稿(現在は削除)し、拡散した。この投稿者からの連絡と、伊勢崎保健所の指導で自主回収に乗り出していた。

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています