NEWS

衆院選、全国で70件の違反容疑 警察庁が本格捜査へ

2014年12月13日 21時45分 JST | 更新 2014年12月15日 02時13分 JST
時事通信社

衆院選で違反容疑 全国で70件、本格捜査へ 警察庁

14日に投開票される衆院選で、警察庁は13日、全国で約70件の選挙違反事件を本格捜査し、関係者約130人を取り調べると発表した。買収容疑や詐偽投票容疑などで投票終了後に着手する。2年前の衆院選と比べて約40事件、約150人少ない。

警察庁のまとめでは、12日までに大阪、兵庫、愛知、千葉、神奈川の5府県警と警視庁が摘発したのは6事件(前回比3件減)で、逮捕者は6人(同3人減)だった。いずれもポスターを刃物で切ったり、候補者を羽交い締めにしたりした自由妨害容疑だった。

一方、文書掲示違反などへの警告は1450件で、45・2%(1195件)減った。ネットを利用した違反への警告は22件少ない8件で、ホームページやソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)などでの公示前の投票依頼だった。

警察庁幹部は着手予定の事件や警告の減少について、「解散が急だったためではないか」としている。

asahi shimbun logo

(朝日新聞社提供) 

関連記事

2014衆院選 各党の政策パンフレット