投票率、過去最低の52.66% 前回より6.66ポイント減【衆院選2014】

投稿日: 更新:
ELECTION JAPAN
YOSHIKAZU TSUNO via Getty Images
印刷

総務省は12月15日に、第47回衆院選挙の投票率が戦後最低の52.66%だったと発表した。同じく過去最低だった前回2012年の59.32%をさらに6.66ポイント下回り、最低記録を更新した。

発表によると、当日有権者数は1億396万2784人で、このうち5474万3097人が投票。全ての都道府県で60%を割り込み、朝日新聞デジタルによると、都道府県別の投票率も東京都以外で過去最低となった。

14日の投票日当日に一部地域で悪天候となったことや、選挙戦当初から与党圧勝の情勢調査が相次ぎ、有権者の関心が薄れたことが投票率低下につながった可能性がある。

Close
【衆院選2014】当選を喜ぶ候補者ら(画像集)
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド
【関連記事】
ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています
ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

他のサイトの関連記事

総務省|国政選挙の年代別投票率の推移について

目で見る投票率(平成24年3月) - 総務省

推定投票率は52%前後 戦後最低に

<衆議院選>過去の都道府県別の投票率 最も低かったのは?

自公3分の2維持 投票率最低 52%台

俺が投票に行く理由。若者の投票率の変化が日本の未来を作っていく力であると信じている。