NEWS

【衆院選】投票率52%前後か 戦後最低を更新へ

2014年12月15日 02時43分 JST | 更新 2014年12月15日 02時43分 JST
総務省

12月14日に投開票された衆院選の投票率が、戦後最低となる見通しとなった。

都道府県発表の結果をもとに集計した結果、朝日新聞デジタルは52%前後、47NEWSは午後11時現在で52.43%と伝えた。戦後最低だった前回の59.32%を下回るとみられる。

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

関連記事

【衆院選2014】当選を喜ぶ候補者ら(画像集)