NEWS

軍師官兵衛が最終回 井上真央が岡田准一にメッセージ 「意志を引き継いでいきたい」

2014年12月21日 15時15分 JST | 更新 2014年12月21日 15時15分 JST
nhk.or.jp

oricon style

【軍師官兵衛】最終回 井上真央、岡田准一をねぎらう「意志を引き継ぐ」

■いざ、1221最終回カウントダウン応援合戦

NHK大河ドラマ『軍師官兵衛』はきょう21日、最終回(総合 後8:00、BSプレミアム 後6:00※56分拡大版)が放送される。番組公式ホームページで展開中の最終回カウントダウン応援メッセージ企画のラストは、来年の大河ドラマ『花燃ゆ』に主演する女優の井上真央。“岡田官兵衛”こと岡田准一を「まずは長い長い撮影、本当にお疲れ様でした」とねぎらった。

岡田と井上は、映画『永遠の0』(2013年)で共演したこともあり、「映画の時も感じましたが、岡田さんは、役を背負う覚悟がすさまじく、今作も、魂が乗り移ったかのように変化していく岡田さんのお姿が印象的でした。そして、現場を引っ張っていく統率力は官兵衛そのものだと感じております」と感服。

「ラスト最大の見せ場を、私もしっかりと目に焼きつけて、微力ながらも岡田官兵衛さんの意志を引き継いでいきたいと思います。皆さんで大河を盛り上げていきましょう!!」と力強いメッセージを寄せている。

『花燃ゆ』は、萩(山口県)の貧しい武士の家に生まれ、吉田松陰という破天荒な兄を持つヒロイン・文(井上)が、松下村塾、牢獄(野山獄)、長州藩、“大奥”…と、さまざまなところで運命的な人々と出会い、別れを繰り返しながら幕末の動乱を強く生き抜いていく姿を1年間で描く。1月4日スタート(毎週日曜 後8:00 総合ほか)。

■番組公式ホームページ

http://www1.nhk.or.jp/kanbe/

【関連記事】

関連記事

NHK画像集