NEWS

松田聖子が大トリ、出場歌手・曲順は?【紅白歌合戦】

2014年12月25日 17時01分 JST | 更新 2014年12月25日 17時20分 JST
時事通信社

大みそかの「第65回NHK紅白歌合戦」の曲目と曲順が12月25日に発表された。松田聖子が初の大トリを務め「あなたに逢いたくて~Missing You~」を歌うことになった。白組のトリは白組司会を務める「嵐」で、こちらも初の大役で「2014 Thanks Medley」を歌う。

浜崎あゆみが紅白の卒業宣言をしたことで、例年浜崎が務めていたトップバッターは初出場のHKT48が「メロンジュース」を披露することに決まった。対する白組は2度目の出場となるSexy Zoneが「紅白にHITOMEBORE」をパフォーマンスする

長渕剛は、5日に発表した新曲「明日へ続く道」 をテレビ初披露する。

オリコンによれば、今回の出場歌手、企画コーナーに名前はないが、中森明菜サイドとの調整で台本完成が遅れたと話す関係者もおり、さらなるサプライズが期待される。

出場歌手と曲目は以下の通り。

【第65回NHK紅白歌合戦 出場歌手・曲順】(カッコ内は出場回数)

■前半

1.HKT48(初)「メロンジュース」

2.Sexy Zone(2)「紅白にHITOMEBORE」

3.E-girls(2)「Highschool●love」(●はハートマーク)

4.AAA(5)「さよならの前に」

【企画コーナー】嵐meets妖怪ウォッチ1「ようかい体操第一」(Dream5 紅白出場歌手)

5.miwa(2)「Faith」

6.福田こうへい(2)「東京五輪音頭」

7.SKE48(3)・NMB48(2)「不器用太陽」「イビサガール」

8.郷ひろみ(27)「99は終わらない」

9.藤あや子(20)「あや子のお国自慢だよ~がんばろな東北!!~」

10.ポルノグラフィティ(13)「アポロ」

11.T.M.Revolution(5)水樹奈々(6)「紅白2014 スペシャルコラボレーション」

12.クリス・ハート(2)「糸」

13.伍代夏子(21)「ひとり酒」

14.三代目 J Soul Brothers(3)「R.Y.U.S.E.I.」

15.西野カナ(5)「Darling」

16.香西かおり(18)「酒のやど」

17.細川たかし(38)「応援歌、いきます」

18.徳永英明(9)「花は咲く」

19.天童よしみ(19)「やっぱ好きやねん」

【企画コーナー】嵐meets妖怪ウォッチ2「A・RA・SHI」~「ゲラゲラポーのうた」(キング・クリー

ムソーダ 紅白出場歌手)

20.坂本冬美(26)「男の火祭り」

21.森進一(47)「年上の女」

22.和田アキ子(38)「古い日記~2014紅白スペシャル~」

23.V6(初)「WAになっておどろう」

■後半

【企画コーナー】「花子とアン」特別編

24.絢香(7)「にじいろ」

25.May J.(初)「Let It Go~ありのままで~」

26.SEKAI NO OWARI(初)「Dragon Night」

27.Perfume(7)「Cling Cling」

28.ゴールデンボンバー(3)「女々しくて」

29.ももいろクローバーZ(3)「My Dear Fellow with Mononofu JAPAN」

30.関ジャニ∞(3)「オモイダマ」

31.氷川きよし(15)「ちょいときまぐれ渡り鳥」

32.水森かおり(12)「島根恋旅」

33.五木ひろし(44)「よこはま・たそがれ」

34.いきものがかり(7)「GOLDEN GIRL」

35.きゃりーぱみゅぱみゅ(3)「きらきらキラー」

36.TOKIO(21)「LOVE YOU ONLY」

【企画コーナー】「みんなで歌おう!アナと雪の女王」

37.神田沙也加(2)「生まれてはじめて」&イディナ・メンゼル「Let It Go」&紅白出場歌手

38.SMAP(22)「みんなで歌おう!SMAPメドレー」

39.椎名林檎(2)「NIPPON -紅白ボーダレス篇-」

40.EXILE(10)「NEW HORIZON」

41.薬師丸ひろ子(初)「Woman"Wの悲劇"より」

42.石川さゆり(37)「天城越え」

43.長渕剛(4)「明日へ続く道」

44.AKB48(7)「心のプラカード」

45.福山雅治(7)「2014スペシャルメドレー」

46.中島みゆき(2)「麦の唄」

47.美輪明宏(3)「愛の讃歌」

48.嵐(6)「2014 Thanks Medley」

49.松田聖子(18)「あなたに逢いたくて~Missing You~」

【関連記事】

NHK画像集

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています