NEWS

和光堂の離乳食にコオロギ 「つまんだら足が取れた」

2015年01月07日 01時23分 JST | 更新 2015年01月07日 01時23分 JST

大手ベビーフード製造会社「和光堂」の離乳食に、虫が混入しているという苦情が寄せられていたことが明らかになった。2014年7月に埼玉県内の工場で製造された商品で、検査の結果、混入した虫はコオロギだったという。親会社のアサヒグループホールディングスは、「製造過程で混入した可能性があるかどうかを調査中」とコメントした。1月7日、テレ朝ニュースなどが報じた。

商品を購入した女性によりますと、先月、宇都宮市内のスーパーで購入した和光堂の「ごろごろ肉じゃが」を2歳の長女に食べさせようとした際、虫が混入していることに気が付いたということです。

 商品を購入した女性:「スプーンでつついていたら足がポロっと取れて、よく見たらコオロギのような昆虫でした」
 
「つまんだら足が取れた」ごろごろ肉じゃがに虫混入より 2015/01/07 11:47)

問題となったのは12月20日に販売された離乳食。和光堂は女性に謝罪し商品を買い取ったが、一連の経緯について公表はしていなかった

wakodo

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています