NEWS

トルコのエルドアン大統領、権限の強化が進みすぎてまるで皇帝(画像)

2015年01月14日 17時05分 JST

トルコのエルドアン大統領は、大仰な行動や振る舞いで有名だ。2014年1月には、地方選挙の集会に出席できなかった大統領は、空中にホログラムで3メートル大の自身の姿を投影して演説を行い話題になった

また、2014年11月には、新たに建築された巨大で荘厳な大統領公邸が公開されたが、建設費13億7000万トルコリラ(約700億円)で、部屋数1000室の公邸には、豪華すぎるという批判の声もあがった。そして12月には、ロシアのプーチン大統領を迎えての仰々しい歓迎式典が開催された

このエルドアン大統領の皇帝さながらの振る舞いは、1月12日に最高潮に達したといえるだろう。トルコを訪問したパレスチナ自治政府のアッバス議長と会談を行なった際に、かつてトルコ地域に存在した16の帝国の正装を身にまとった戦士が、護衛として2人の横にずらりと並んだのだ。

しかし、エルドアン大統領が自身の権限を強化しようとしているという懸念の声もある時に、こうした写真はあまり安心できるものとはいえないだろう。

erdogan

トルコのエルドアン大統領(右)と、パレスチナ自治政府のアッバス議長(左) (Adem Altan/AFP/Getty Images)



erdogan palace

(Adem Altan/AP Photo)



erdogan

大統領警備隊に一礼するエルドアン大統領と、アッバス議長 (Kayhan Ozer/Anadolu Agency/Getty Images)



erdogan palace

(Aykut Unlupinar/Anadolu Agency/Getty Images)



この記事はハフポストUS版に掲載されたものを翻訳しました。

[日本語版:ガリレオ]

トルコの世界遺産「パムッカレ」の画像集

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています