Huffpost Japan

オンライン家計簿「Zaim」で、給付金や医療費控除の"もらい損ね"を防止

投稿日: 更新:
印刷

zaim

日本最大級のオンライン家計簿「Zaim」(本社:東京都渋谷区)は1月16日から、国や地方自治体の給付金情報を集約・抽出できるツール「わたしの給付金」の提供をスタートした。利用者のプロフィールや家計の状況から、受けられる可能性のある給付金や手当を自動抽出できるというもの。当初は、東京23区と神奈川県横浜市・川崎市が対象で、合計892種類の給付金から開始する。2月以降は県庁所在地を中心に全国展開するという。

給付金や手当は、地方自治体によって異なっているため、その情報を「Zaim」に集約、一覧できるだけでなく、自動抽出によって自ら探す手間を省き、受給対象であるにも関わらず、受けられなかったという損失を防ぐことが目的だ。

また、同時に医療費控除が受けられるかを自動判定して申請書類を生成するツール「わたしの医療費控除」の提供もスタートした。これは、過去4年と本年の家計記録から、医療費控除の対象となる可能性のある支出を自動的に割り出すというもの。合計額が控除対象となる10万円に達しているかどうかを判定する。

その上で「Zaim」では、医療費控除を申告する書類も自動的に生成できる機能を追加。医療費控除を申告する際には、国税庁が運営する Webサイト「確定申告書等作成コーナー」から必要事項を記入して申告書類をPDFで印刷して提出する方法があるが、この機能を使うことで、書類を準備する手間が大幅に削減されるという。

「Zaim」では、「国税庁の資料によると、税務相談として最も多いのは医療費控除関連で、電話相談・タックスアンサー合わせて 2013年は 283万件にのぼります。多くのご利用者の助けになるよう、独自の操作マニュアルも合わせて準備することで、初めての方やパソコンに慣れていない方でも医療費控除を受けられるようサポートします」としている。

「わたしの給付金」「わたしの医療費控除」は、「Zaim」のAndroid、iPhone、iPadのアプリ版・Web版から利用可能。基本機能は無料で、一部はプレミアム会員向けとなっている。「Zaim」は現在、累計300万ダウンロードを突破している。

zaim

【関連記事】
ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています
ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

他のサイトの関連記事

日本最大級!無料の家計簿アプリ・レシート家計簿「Zaim」

お母さんに理解できるか?:家計簿アプリ「Zaim」が200万ダウンロードを ...

「Zaim」はあなたとお金の関係を楽しく変えていく【Ventures High 2015】

無料の家計簿アプリ「Zaim」が超便利!2015年の出費を抑える有効策に