Huffpost Japan

平井和正さんが死去 「幻魔大戦」「ウルフガイ」「8マン」など手がけたSF作家

投稿日: 更新:
GENMA
2008年発売の平井和正さんの単行本「幻魔大戦deep トルテック」の表紙 | e文庫
印刷

「幻魔大戦」「ウルフガイ」などの作品で知られるベテランSF作家の平井和正さんが1月17日、76歳で死去した。平井さんの公式サイトで、以下のように発表された。

平井和正 儀、かねてより病気療養中のところ、平成27年1月17日、76歳を以て、永眠いたしました。長年にわたって皆様より賜りましたご厚情に心より感謝致します。

ウルフガイ・ドットコム -平井和正ホームページ

公式サイトによると、平井さんは1938年、神奈川県生まれ。中央大学在学中の61年に「殺人地帯」が「SFマガジン」第一回コンテスト奨励賞を受賞して、作家デビューした。63年、漫画原作を担当した「8マン」はTBSでアニメ化されて、大人気となった。

79年に刊行開始した「幻魔大戦」シリーズは平井さんのライフワークとなり、総計2000万部を超えるベストセラーになった。83年にアニメ映画化され、最終戦争を意味する「ハルマゲドン」という言葉を流行させた。70年に始まった「ウルフガイ」シリーズでも広く知られている。

■「平井作品がなければ現在のライトノベルはなかった」

脚本家の會川昇さんは、平井さんの死去を悼むとともに「平井作品が存在しなければ、現代のラノベの状況は有り得ない」と、日本のライトノベルに与えた影響の大きさを指摘した。

【関連記事】
ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています
ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

Also on HuffPost:

Close
2014年に亡くなった著名人
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

訂正箇所を連絡