NEWS
2015年01月19日 00時55分 JST

クソリプってどんなもの? センター試験でも「出題」

時事通信社

1月17日にあったセンター試験1日目の「国語」で、「クソリプが取り上げられた」と話題になっている。クソリプとは、Twitter上でつまらない返答をされたことを指す俗語。

国語で出題された文章は、佐々木敦さんの「未知との遭遇―無限のセカイと有限のワタシ」(筑摩書房)から抜き出された。クソリプという単語は出てこないものの、「ツイッターでも、ちょっとしたつぶやきに対して『これはご存知ですか?』というリプライを飛ばしてくる人がいます」と、言及されていた。

マジレスについて類型ごとに分類した人もいる。ジェット・リョーさんによると、クソリプは、どんな話題でも自分の話にもっていく「自己顕示種」や、何か言わないと気がすまない「イチャモン種」などに分類できるという。あなたも、知らず知らずにクソリプしているかも?

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています