NEWS
2015年01月19日 20時46分 JST | 更新 2015年01月19日 20時52分 JST

Amazon、今度は映画製作へ

Reuters

米オンライン小売り大手アマゾン・ドット・コムは19日、傘下のコンテンツ制作会社アマゾン・スタジオが、劇場向けの映画を独自で製作または購入し、公開後4━8週間で動画配信サービス「プライム・インスタント・ビデオ」で配信すると明らかにした。

11日に授賞式が行われたゴールデン・グローブ賞では、アマゾンのオリジナルドラマが初の受賞に輝いており、こうした成功の芽に弾みをつけ、映画業界への進出を狙う。

製作は年内に開始し、年間の製作本数は12本を目指す。製作費は500万─2500万ドルを見込む。

アマゾンは近年、デジタルコンテンツへの投資を強化しており、13日には、動画サービス向けに1話30分のシリーズ番組を制作するため、映画監督のウディ・アレン氏(79)と契約を結んだことを公表したばかり。[19日 ロイター]

【関連記事】