ニュース

伊藤忠、中国政府系企業に1兆円出資へ タイ財閥と共同で

2015年01月19日 21時54分 JST | 更新 2015年01月19日 21時56分 JST
Bloomberg via Getty Images
A pedestrian walks past the Itochu Corp. headquarters in Tokyo, Japan, on Tuesday, Sept. 18, 2012. Itochu Corp. agreed to pay $1.69 billion in cash for two units of Dole Food Co., the world's biggest supplier of fresh fruit and vegetables, in its biggest acquisition outside industrial commodities. Photographer: Kiyoshi Ota/Bloomberg via Getty Images

大手商社「伊藤忠商事」がタイの最大財閥「チャロン・ポカパングループ」と共同で、中国の政府系複合企業「中国中信集団」の中核企業に1兆円強を出資する方針を固めた。NHKなどが関係者の話として1月20日、報じた。このうち伊藤忠は5000億円余りを出資する見通しという。

今回の出資によって、伊藤忠とタイの企業は株式のおよそ20%を取得することになり、中国の政府系企業への外国企業による出資としては過去最大規模になるということです。

「中信集団」は、金融から不動産、資源開発まで幅広く手がける中国最大の政府系企業グループで、今回の提携で伊藤忠は、中信集団の現地での営業網を活用し、中国での不動産開発やインフラ事業などを一段と強化するものとみられます。

伊藤忠 中国政府系企業に巨額出資の方針 NHKニュース 2015/01/20 02:00)

冷え込んでいる日中の経済交流の改善につながる可能性もある。

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

関連記事

相場格言集