NEWS

白鵬、審判部を批判 初場所の取り直し「悲しい思い」

2015年01月29日 02時22分 JST
時事通信社

横綱白鵬(29)が1月25日、大相撲初場所で「昭和の大横綱」大鵬を抜き、歴代単独最多となる33度目の優勝を遂げた。千秋楽から一夜明けて開いた記者会見では、13日目の稀勢の里戦が取り直しとなったことに異議を唱え、「子供が見ても分かるような相撲。本当に悲しい思いだった」と語った。

疑惑の相撲が1つあるんですよ。それはちょっといかがなものかな、と思って。13日目ですね。勝ってる相撲だもんね、1番目は。そのとき分からなかったけどね。帰ってビデオ見たけど。子供が見ても分かるような相撲だもんね。なぜ、取り直しをしたのか。

(中略)

本当、肌の色は関係ないんだよね。同じこの土俵に上がってマゲを結っていることになれば、日本の魂なんです。みんな同じ人間です。偉いとか偉くないとか関係なく。盛り上がりどうこうじゃないんだよね。こっちは命懸けてやってますからね。

白鵬「子供が見ても分かる」「本当、肌の色は関係ない」「命懸けてる」 ― スポニチ 2015/01/27 05:30)

一方、白鵬のこの発言を、相撲協会幹部や横綱審議委員会(横審)は問題視。26日に行われた横審で、内山斉委員長は「審判は厳正なもの。(白鵬は)自分の未熟さをさらけ出している。反省すべきは横綱本人」などと強く批判。また日本相撲協会の北の湖理事長(元横綱)は、師匠の宮城野親方(元幕内竹葉山)を通じて白鵬に注意する方針を示した

日本相撲協会には27日、ファンから苦情の電話が殺到した。その数は100件以上で、9割が白鵬の発言に対する批判や反論、1割が擁護の意見だった。その反響の大きさについて、「(2007年にケガで巡業を休みながらモンゴルで中田英寿氏とボールを蹴っていた)朝青龍のサッカー以来ですかね」と同担当者は語ったという。

この問題を受け、宮城野親方は28日、北の湖理事長と伊勢ケ浜審判部長(元横綱旭富士)に27日に直接謝罪したことを明かした。宮城野親方は、白鵬も反省していると伝えたという。

白鵬は、2014年5月場所で優勝を決めた翌日には会見への出席を拒否したが、その後、自身のブログで会見に出なかった理由と、妻への思いを綴った。今場所、15戦全勝優勝を決めた後の表彰式の場内インタビューでは、「バカかと言われるかもしれませんが、強い男の裏には賢い女性がいる。横綱に上がった時に賢い奥さんが“精神一到”を考えてくれた。バカ賢い奥さんに感謝したい」と、紗代子夫人(30)への思いを語った

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

関連記事

33度目の優勝を決めた横綱白鵬