NEWS

後藤健二さん名乗る男性の画像と音声、新たに公開される(声明全文)

2015年01月28日 00時13分 JST | 更新 2015年01月28日 00時32分 JST

中東の過激派組織「イスラム国」に日本人が人質として拘束されている事件で、1月27日午後11時過ぎ、フリージャーナリスト後藤健二さんを名乗る男性の画像と音声がインターネット上に投稿された。オレンジ色の囚人服を着て、両手には「イスラム国」に拘束されているヨルダン軍のパイロットとみられる男性の写真を掲げていた。

photo

以下が発言の日本語訳の全文(原文は英文)。

---

私は後藤健二。私の妻と日本国民と日本政府に告ぐ。これは私の最後のメッセージだと言われた。また、私の自由を阻んでいるのは、サジダ(・リシャウィ死刑囚)の引き渡しを遅らせているヨルダン政府だと言われた。

日本政府に対し、ヨルダンへのあらゆる政治的圧力をかけるように言ってくれ。残された時間は今、なくなってきている。彼女のための私だ。何が理解するのにそんなに難しいのか。彼女は10年も囚人だった。私はたったの数カ月のみ囚人だ。私と彼女の交換だ。

ヨルダン政府のこれ以上の遅れは、彼らのパイロットの死の責任となる。そして、それに、私の死が続くことになる。私には24時間しか生きる時間がない。パイロットにはより短い時間しか残されていない。どうか私たちを死に至らせないでほしい。これ以上の遅延戦術は、単に我々2人の殺害へつながる。ボールはヨルダン側にある。

---

I'm Kenji Goto Jogo. To(his wife's name here), the people of Japan, and the Japanese government:

I've been told this is my last message, and I've also been told that the barrier of obstructing my freedom is now just the Jordanian government delaying the handover of Sajida.

Tell the Japanese government to put all their political pressure on Jordan.

Time is now running very short. It is me for her. What seems to be so difficult to understand?

She has been a prisoner for a decade, and I've only been a prisoner for a few months.

Her for me.

A straight exchange. Anymore delays by the Jordanian government will mean they're responsible for the death of their pilot, which will then be followed by mine.

I only have 24 hours left to live, and the pilot has even less.

Please don't leave us to die.

Anymore delaying tactics will simply see both of us getting killed.

The ball is now in the Jordanian's court.

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

関連記事

イスラム国人質事件