「着物でテロに対抗」議員たちが記念撮影 恒例行事が物議醸す(画像)

投稿日: 更新:
印刷

1月26日、超党派からなる「和装振興議員連盟」が国会正面玄関前で記念撮影を行った。

waso

議連会長の伊吹文明前衆院議長(自民)は過激組織「イスラム国」によるとみられる邦人人質事件を踏まえ、「国民衣装である着物を着て、国民が一致結束してテロ組織に対応している姿を示す」と記者団に語った。


時事ドットコム:着物でテロに抗議 2015/01/26 17:50)

写真撮影自体は、通常国会の召集日に恒例行事として行われるものだが、湯川遥菜さんが殺害されたとされる写真が公開されて間もないため、批判が集まっている。

恒例行事なのに、テロへの対抗、と表明したことへの批判も。

【関連記事】
ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています
ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

訂正箇所を連絡