NEWS

【後藤健二さん/イスラム国】リシャウィ死刑囚釈放か「数時間以内によいニュース」とヨルダン当局 複数の現地メディア

2015年01月28日 17時22分 JST | 更新 2015年01月28日 17時57分 JST
KAZUHIRO NOGI via Getty Images
A pedestrian looks at a large screen in Tokyo on January 28, 2015 showing television news reports about Japanese hostage Kenji Goto who has been kidnapped by the Islamic State group. Japan has asked Jordan for help after the Islamic State jihadist group threatened to kill a Japanese journalist and a Jordanian pilot within 24 hours unless Amman frees a jailed female militant. AFP PHOTO / KAZUHIRO NOGI (Photo credit should read KAZUHIRO NOGI/AFP/Getty Images)

※情報が入り次第、更新します。

---

過激派集団「イスラム国」関連のウェブサイトに、イスラム国に拘束されているフリージャーナリスト後藤健二さん(47)解放の条件としているサジダ・リシャウィ死刑囚を、ヨルダン政府が釈放する準備をしているとの書き込みがあった。1月28日、TBSが報じた。

このウェブサイトでは、数時間以内にリシャウィ死刑囚をイラク・アンバール県のドリーム族の代表者に渡す可能性が高い、という具体的な情報も書き込まれているという。

さらに、TBS系ニュースのJNNの取材に対してヨルダン政府関係者は「まもなく良いニュースが話せるだろう」と答えているとしている。

またヨルダンのニュースサイト「Jordan News」も、「ヨルダン北東部のザルカ付近で、リシャウィ死刑囚が解放のためハシェミテ刑務所へと移送されているという複数のリーク情報があった」と報じている。さらに、「オマーンのデュライミ族に引き渡す」との現地報道もあり、情報が錯綜している。

現地で指揮にあたる中山泰秀・外務副大臣は現地時間の28日朝、報道陣の取材に対し、釈放に関する進展について「現時点で答えられる情報はない。(後藤さんの安否に関しても)各方面から情報収集に取り組んでいる」と答えた。

リシャウィ死刑囚は2005年、ヨルダンの首都アンマンで起きた連続ホテル爆破テロに関与したとされる。このテロでは死者が約60人に達した。

【関連記事】

イスラム国人質事件

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています