NEWS
2015年01月29日 16時39分 JST | 更新 2015年01月29日 16時52分 JST

後藤健二さんとみられる声、本人の可能性 官房長官がコメント

Reuters

[東京 29日 ロイター] - 菅義偉官房長官は29日午前の記者会見で、中東の過激派組織「イスラム国」に拘束されているとみられる後藤健二さんを名乗る新たな音声がインターネット上に投稿されたことを受け、「後藤さんの声である可能性が高い」と述べた。

政府が新たなメッセージを確認したのは29日の午前8時前。岸田文雄外相と外務省関係者が安倍晋三首相に報告した。今回の画像では後藤さんとみられる男性の写真はなく、英語の音声だけが流れ、ヨルダンで収監中のサジダ・リシャウィ死刑囚の釈放をあらためて求めている。

声明では(イラクの)モスル時間で29日の日没までに同死刑囚をトルコ国境に連れてこなければ、ヨルダン人パイロットが直ちに殺害されるとしている。   

菅官房長官は、音声について後藤さんのものである可能性が高いとの認識を示した。「厳しい状況に変わりはなく、さまざまなチャンネルを通じて協力要請」する一方で、事態の変化を受けて、29日午後0時半からは関係閣僚会議を開催する。

ヨルダンが死刑囚とパイロットの交換を求めているのに対し、イスラム国は死刑囚と後藤さんの交換を主張しており、両者の要求は食い違ったままだ。これについて菅官房長官は「わが国としては発言を控えるべき」と述べ、3者の思惑が複雑に絡み合う構図が鮮明化しつつある。   

一方、日銀の追加緩和観測をめぐっては「方向性は日銀が決めると思う」と述べた。

【関連記事】

関連記事

Women of Isis