NEWS
2015年01月31日 22時48分 JST | 更新 2015年01月31日 23時08分 JST

オバマ大統領がイスラム国を非難「凶悪な殺害」

Reuters

[ワシントン 31日 ロイター] - オバマ米大統領は31日、イスラム国による後藤健二さんの「凶悪な殺害」を非難した。そのうえで、米国はイスラム国撲滅に向けた行動を継続するとの方針を示した。ホワイトハウスが大統領の声明を公表した。

大統領は「米国はイスラム国による後藤さんの凶悪な殺害を非難する。米国は、同盟国やパートナーとともに、イスラム国を弱体化させ、最終的には撲滅すべく、引き続き断固とした措置をとる」と強調した。

【関連記事】