NEWS

「ハチ公、よかったな。博士にやっと逢えて」 90年ぶりに飼い主に飛びつく(画像)

2015年02月12日 17時42分 JST | 更新 2015年02月12日 21時49分 JST

飼い主が亡くなったことに気づかずに、東京の渋谷駅に10年近く通い続けた「忠犬ハチ公」。90年ぶりに飼い主の上野英三郎博士との再会が実現することになった。

ハチ公の銅像は、渋谷駅の今も待ち合わせ場所として親しまれているが、新たに上野博士と一緒の姿の銅像が、東京大学農学部のキャンパス内に設置される。ハチ公の80年目の命日にあたる3月8日に除幕式が行われる予定だ。告知ページによると、事前申し込み不要で誰でも参加可能だという。

ハチ公の飼い主の上野博士が東京大学農学部の前身となる東京帝国大学農科大学の教授だった縁で、 農学部有志が呼びかけた。1000万円を超える寄付金が集まったという。銅像は、迎えに来たハチ公が上野博士に飛びつき喜んでいる様子を表現した。ネットでは「よかったな、ハチ公。博士にやっと逢えて」との声も出ている

名古屋市在住の彫刻家、植田努さんのアトリエで完成した粘土模型をスライドショーで紹介しよう。

  • 東京大学大学院農学生命科学研究科
  • 東京大学大学院農学生命科学研究科
  • 東京大学大学院農学生命科学研究科
  • 東京大学大学院農学生命科学研究科
  • 東京大学大学院農学生命科学研究科
  • 東京大学大学院農学生命科学研究科
  • 東京大学大学院農学生命科学研究科

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

忠犬ハチ公